全てはこれ次第!ショートレンジブログ戦略のキーワードの決め方

こんばんはトミヨシです。

今回は、ショートレンジブログ戦略の、キーワードの決め方について話していきたいと思います。

ルレアのショートレンジ編でも細かく紹介されている、非常に重要な部分です。

ショートレンジ戦略に限った事ではありませんが、アクセスが伸びるのも、売上が上がるのも、全てはキーワード選定にかかっています。

そもそも「キーワード」って何?

キーワードっていうのは、ブログや記事のタイトルに入れる「言葉」の事。要は、訪問者が検索エンジンに打ち込む文字の事ですね。

ドラクエ11

例えばあなたが、ゲームソフトの「ドラクエ11」が欲しかったとき、何という言葉を使って検索エンジンで調べますか?

商品一つを探すにしても、いろんなキーワードで調べられているはずです。

キーワードで分かる、訪問者の考え。

訪問者が商品のことを調べる際、基本的には商品名に「問者が知りたいこと」をプラスして検索されます。

「商品名」+「知りたいこと」=『検索結果』

これを複合キーワードといいます。

この複合キーワードによって、訪問者の考えていることが分かるというわけですね。

キーワードの種類

キーワードには、大きく分けて4つの種類があります。

ニンテンドー3DSの「ドラゴンクエスト11」を例として、見ていきましょう。

ジャンル系キーワード

「3DS+ソフト」
「3DS+RPGソフト」
「3DS+オススメゲーム」
「3DS+人気ソフト+ロールプレイングゲーム」

これがジャンル系のキーワード。まだ、商品名が限定されていない状態ですね。

これで、上位表示されれば、アクセス数はかなり集めることが出来ます。

でも「ドラクエ11」に興味がある人だけとは限らないので、アクセスに対しての売れる割合は低くなるという訳です。

このジャンルだけのキーワードでは範囲がとても広いので、上位表示は非常に難しいです。なので、ルレアのショートレンジ戦略でも推奨されていません。

上位に表示されなければアクセスはまったくといって良いほど集まらないですからね(^_^;)

商品名キーワード

次は、商品名単体のキーワードですね。
「ドラクエ11」
「ドラゴンクエスト11」

このキーワードだけで検索される場合、「ドラゴンクエスト11」の何が知りたいのか、まだ分かりません。
「ドラクエ11」の攻略法が知りたいのか?
「ドラクエ11」の評判が知りたいのか?
「ドラクエ11」そのものが欲しいのか?

商品名の単体キーワードで上位表示させることができれば、少なくとも「ドラクエ11」に興味のある人が検索しているので、売れる可能性も高くなります。

でも、買いたい人ばかりとは限らないので、アクセスに対して売れる割合は低くなります。

しかし、これもジャンル系キーワードと同じように、知名度が高い商品を狙う以上、商品名の単体キーワードでは上位表示させることは難しいです。

商品名+関心キーワード

「ドラクエ11+クチコミ」
「ドラクエ11+評価」
「ドラクエ11+感想」

これが、「商品名+関心キーワード」になります。

「ドラクエ11」に対して関心は持っているものの、まだ買うかどうか悩んでいたり、興味があるという段階のキーワードですね。

ここまで来ると、だいぶユーザーの考えに対して範囲が限定されてきました。しかしまだ、購入までの距離があるといった感じです。

上位表示はだいぶさせやすくなってきましたが、必ずしも売上げに直結するキーワードでは無いということですね。

この時点で買ってもらうには、訪問者を買う気にさせる必要があります。

商品名+購買キーワード

「ドラクエ11」+購入
「ドラクエ11」+販売店
「ドラクエ11」+最安値
「ドラクエ11」+通販
「ドラクエ11」+価格

これが「商品名+購買キーワード」になります。

もうすでに「買いたい!」と思っている人が検索するキーワードですね。

訪問者はもう買う気で検索しているので、余分な説明をする必要はありません。簡単な記事でも製薬を取ることができます。

検索してくるユーザーを、かなり限定しているので、アクセス数は少なくなりますが、売れる割合は高くなると言うのが、この「商品名+購買キーワード」です。

ショートレンジブログ戦略は「商品名+購買キーワード」で狙う!

ショートレンジブログ戦略では、この「商品名+購買キーワード」で狙っていきます。

直接的に売上に繋がりやすく、購買までの距離が近いという意味で「ショートレンジ戦略」という訳ですね。

しかし!!!!

そうなると、みんながこのキーワードで狙ってきます。

そうなると、競合してどうしてもライバルが多くなってしまいます。ライバルが多いということは、上位に表示させにくくなるということですね。

なので、「商品名の変換」や「キーワードの組み合わせ」で、ほかのライバルと被らないようにしていく必要があります。

これに関しては、また別の記事で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

「ショートレンジブログ」のキーワードの決め方。まとめ

結果がすべて

ショートレンジ戦略に限らず、キーワード選定というのは、アフィリエイトの肝となり、非常に大切な部分です。

僕はルレアプラスで学ぶまでは、このキーワードに対して何も知りませんでした。おそらく独学のままでは、知ることはできなかったと思います。(^_^;)

特に大切なのは、そのキーワードによって、「商品が売れるまでの距離感」を把握することです。

ブログや記事でタイトルに入れ込むキーワードが、成約までどれくらいの位置にいるのかを知らないと、訪問者に意思が伝わりません。

とはいえ、すぐにこの距離感を掴めるものではありません。とにかくショートレンジの数をこなして、少しずつキーワードの距離感を学んで行きましょう!

以上、トミヨシでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする